競売になるまでの流れ、競売に参加する手順

競売の流れと手順について

住宅が競売になるまでの流れ

住宅ローンや借金を返済する能力がなくなり、何ヶ月も滞っていると、やがて裁判所に住宅を差し押さえられてしまいます。
競売をするには債務者が何かする必要はなく、法律に基づいた手続きを裁判所が行い、強制的に競売にかけられるのです。
競売よりも残債務が少なくなり、引越しの都合などもある程度聞いてくれる任意売却をしたほうが、競売よりは良いですし、
そもそもローンや借金の返済が滞る前に、倹約や仕事を増やすなどして経済的に余裕を持たせ、家を守るという意識が大切です。

 

競売にかけられた物件を落札したい場合はどうしたらいいでしょうか。まずはいたずらの防止のために保証金を
裁判所に納めます。これはコインロッカーのように、落札できなければ返してもらえます。入札の手続きは
期日までに行う必要があり、期日が来れば打ち切られますので早めに行いましょう。期日から1週間後に開札され、
最高額を提示した人が落札します。

 

競売によって住宅を失った人が、親類や知人に落札してもらい、家を失わずにすむようにすることも出来ます。
しかしいくらのお金を入札すれば確実に落札できるのかはわかりませんから、一種の賭けです。

 

余裕のある返済計画を立てていないと、景気の動向やリストラなどの要因で、任意売却や競売に追い込まれる
可能性がありますので、注意しましょう。

不動産の競売を行う手順

住宅ローンや借金の返済が滞り、競売にかけられる物件は現在多く出ています。こういった物件の競売には
業者のみならず、一般の個人も参加することができます。

 

まずはどのような物件が競売にかけられているのかを調べましょう。裁判所へ赴き、物件明細書や現況調査報告書、
評価書を閲覧することで、自分の食指を動かすような物件を見つけます。

 

気に入った物件があったら、入札手続きを行います。いたずらを防止するための入札保証金を振り込み、
入札書に入札金額を記入して、裁判所に提出します。入札の期限中にあなたの提示した入札額を上回る人が出なければ、
入札が確定します。以上の手続きを、入札期限までに行うことが大切です。

 

そのあと、開札日に開札が行われ、晴れて物件はあなたのものになります。もしここで競りに負けても、以前支払った
保証金は返還されるのでご安心を。また、債権者側があなたへの売却決定に不服があれば申し立てをすることが可能ですが、
非常に稀なケースです。通常は1週間後に売却が確定します。

 

物件があなたのものになった時点で代金納付義務が発生しますので、裁判所から届いた代金納付の書類に
必要事項を記入して送ります。そして移転登記をし、物件があなたに引き渡されて完了です。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ