玄関の靴を揃える

学校の下駄箱に入っている靴の様子を見てみると、その子のことがある程度わかると言われています。揃えて入れている子はしっかりしていて、不揃いだったり傾いていることどもは落ち着きがない傾向があります。靴をしまうのをできるだけ早く済ませて遊んだりしたいわけです。

大人でも、急いでいると靴が不揃いになったりします。そういうときは気持ちもあわてているのでやることなすことうまくいかなかったりします。心の中が靴の置き方などに表れているわけです。

なので、子供の靴がそろっていないようだと生活態度などの状態がよくないと予想できるのです。逆に言えば、日ごろから靴をそろえるようにしつけることができれば、普段から落ち着いた子供に育つ可能性が高くなります。慌てているときでも、靴をそろえることで一息いれて落ち着くようになるのです。